MENU

出会い系サイトでフランス人女性との出会い

私は仙台に住む30代半ばの会社員です。東京出張の時に利用したYYCで出会った女性との事です。このサイトでのアダルト系の出会いは期待していなかったのですが、海外からの留学生で掲載されている写真も金髪の白人女性でしたので、気になって返事を返してみました。

 

書き込みの内容から彼女が希望する出会いの内容がアダルト系でしたので、ダメもとでお誘いしてみたところ、すぐに待ち合わせを希望する返事が返ってきました。私はその時新宿駅の近くにいたのですが、JR恵比寿駅での待ち合わせ希望とありましたので、山手線に乗ってすぐに向かいました。駅前の恵比須様の前には、写真と同じ格好をしたブロンドヘアの女性がいました。

 

あまりにも順調に出会えたことと、外国の方であることもあって少々怖さを感じましたが、恐怖心よりも欲望の方が勝って彼女に声をかけて挨拶しました。少々会話に難がありましたが、意思の疎通ができないほどの事でもなく、彼女の希望する内容を再度確認して、彼女に導かれるままホテルに入りました。

 

外で一緒に歩いている時には清楚でおしとやかな女性のように感じていたのですが、いざ部屋に入って二人きりになると、人が変わったように大胆になっていきました。バスルームに向かって給湯でお湯を張っている間、私に体を密着させながら着衣を一枚ずつ外していき、私を誘惑してきました。私から手を伸ばそうとすると優しくその手を払い、私の着衣も一枚ずつ脱がせていきました。

 

白人のブロンド女性とはいえ、モデルのような美人ではなかったものの、彼女の誘惑は日本人女性では感じられない女の色気を感じられ、どんどん興奮の度合いを高められていきました。

 

お互い一糸まとわぬ姿になると、今度は少々太目ではありましたが彼女のダイナマイトバディで私は全身を癒され、彼女に癒されるがまま快楽を堪能していきました。絶頂を迎えそうになる度に彼女に焦らされ、下腹部に相当な重さと心地よい痛みを感じるまで我慢させられながら、今度は彼女自身が快楽を得るために私の顔の上にまたがって腰を激しく振り出しました。

 

舌を使って彼女の秘部を責めてあげると、私には理解できないフランス語を叫びながら何度か絶頂を迎えたようでした。

 

何度目かの絶頂を迎えて潮吹きしてしまった後、一度素股で大量の射精させられた後で彼女はようやく私のモノを受け入れてくれ、騎乗位のままお互い2度3度と絶頂を迎えました。さすがに生での挿入はしませんでしたが、コンドームをつけても違和感がないくらいの感度の良さには驚きました。ブロンドヘアの白人に憧れてしまう理由がなんとなく解ったような気がしました。

このページの先頭へ